dadanosukeのブログ

季節の覚書

トマトの花が咲きました

 先日はいつもの小道ではなく、家でちょっと元気が出る花に出会いました。小学生の息子が学校から持って帰ってきたトマトの苗が育ち、小さな黄色い花をつけていました。持って帰ってしばらくは元気がなくて、大丈夫かなと心配していましたが、次第にしっかりと葉っぱを広げ、背も伸びてきています。


 トマトの実がなるということは、当然花が咲いて受粉しなければできないわけですが、しっかり根付いてくれるか心配ばかりしていたせいか、花が咲くということは全く考えていませんでした。「花がさいたよ」と息子が教えてくれた時には、意表を突かれた感じでした。


 花は小さくて、茎も細くて、まだまだ頼りない印象です。梅雨であまり日が当たらないので大丈夫か、咲いた花は実をつけてくれるのかと、またこれから心配ばかりして過ごしそうです。 学校では子どもたちが一人ひとり世話をしているトマトの花がちょっと前に咲いたとのこと。そばで見ていない方が気楽に実がなるのを待てる気がしますが、夏休みには家に持って帰ってくるようです。どきどきしながら「頑張れトマト」と心の中でとなえることにします。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。