dadanosukeのブログ

季節の覚書

きれいな蝶にまた出会いました

近くの小道を歩いていたら、ゆっくりと飛ぶきれいな蝶にまた出会いました。1カ月に数回は見かけるのですが、道ばたの花にとまったところに近づいてカメラに収めることができるのはめったにありません。同じ花にとまったまま、ゆっくりと羽を閉じたり開いたりしていました。


同じ小道でアゲハ蝶をよく見かけるのですが、見慣れたアゲハもカラスアゲハもみんなさっさと飛んでいってしまうので、こんな風にじっくり眺めることはできません。昨年見かけたときに小学生の息子の図鑑で調べたら、確かツマグロヒョウモンという名前でした。


雄か雌かで模様が違い、きょう見たのは羽に白い筋が入ったカラフルな方。それが雄か雌かはうろ覚えだったので、もう一度図鑑を見たら、雌だと分かりました。動物界で模様が派手なのは雄だという固定観念とは違うのだと昨年覚えたはずでしたが、実は7:3できょう見かけたのは雄だと思っていました。やはり固定観念はなかなか消えないものです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。