dadanosukeのブログ

季節の覚書

きれいな蝶に出会いました


いつものように近所の小道を歩いていると、あまり見かけないカラフルな蝶に出会いました。わりとのんびり飛んだり、花にとまって蜜をすったりしていたので、すぐ近くで見ていました。こちらに気付いているのかいないのか、ちょっと飛んでは、また花にとまったり、石の上でしばらく休んだり。とにかく動きがのんびりしていて、時間もゆったりと感じました。


それに比べると、よく見かけるモンシロチョウはひらひらとあわただしいというか、あぶなっかしいというか、飛び方がずいぶん違います。この前見かけたアゲハチョウはまた対照的で、活発というか、豪快というか、一気に高い木の枝の方まで飛んでいってしまう勢いがありました。


珍しい蝶を見かけたおかげで、これまでに何度も見てきたはずの、おなじみの蝶たちの飛び方に初めて気付きました。小学生の息子の昆虫図鑑によると、きれいな蝶の名前はツマグロヒョウモンといい、しかもこれほどカラフルなのはメスだけだそうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。