dadanosukeのブログ

季節の覚書

ちょっと不思議な輝く植え込みを発見!

季節は少しさかのぼりますが、まだ梅雨開けのころ、雨上がりに近所を歩いていたら、交差点の歩道わきの植え込みにキラキラと光るものを見つけました。ちょっと薄い氷のようにも見えますが、蒸し暑い季節にそんなわけはありません。


近くに寄ってじっくり見ると、雨粒がたくさん集まって光っていました。どうやら少し前まで降っていた雨の粒が蜘蛛の巣にひっかかり、雲の合間から出てきた太陽に照らされてキラキラと輝いていたようです。ざっと見ただけでも10個以上ありました。


ここ2、3年、何度も何度も通っていた交差点でしたが、それまで植え込みの表面の蜘蛛の巣に気付いたことはありませんでした。雨上がりの太陽の下、まるであぶり出しのように浮き出てきた水滴のお皿を見て、思いがけず楽しい気持ちになりました。巣を作ってくれた蜘蛛、水滴をつけてくれた雨、きらきらと輝かせてくれた太陽に感謝し、帰ってきました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。